稽古着につける名札

お知らせ

なぎなたの稽古着は白の稽古着と袴を着用します。
白の稽古着には名札をつけることになっていますが、布の材質や種類等は決められていません。ただし、白であることと白布の大きさは決められています。そこにマジックで名前を書くか、名前を黑糸で刺しゅうするかして稽古着の胸の位置に自分で縫い付けます。
昨日はその布を先生が持ってきてくれて、1枚500円で売ってくれるとの話でした。見ると布が2重に縫い込んであり、かなり手が込んでいる白布でした。(写真)
少し高価ですが、会員の皆様でほしいと思う方は500円持参の上お申し出ください。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お知らせ
足立区なぎなた大会に向けて練習しよう

ツイート 平成30年度足立区なぎなた大会のお知らせ <大会参加者へ> 団体戦は各クラブ対抗戦です。選 …

お知らせ
「ジュニアなぎなた交流稽古会」のお知らせ

ツイート 22日(土)は下記の通り「ジュニアなぎなた交流稽古会」が3時30分からスポーツセンターで行 …

お知らせ
東京武道館の近くに武道具店

ツイート 足立区内で、なぎなた用品を扱っている店が東京武道館の近くにあります。場所は常磐線綾瀬駅から …