こどもの日

 もともとは「端午の節句」といって男の子をお祝いしていました。病気や災いをさけるための行事だったそうです。  1948年に5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と決められ