昨日、少年少女なぎなた錬成大会でした

少年少女なぎなた錬成大会に足立区の精鋭4人がエントリーしました。全国から集まった1000人以上の小、中学生が、なぎなたの技を競いました。

4人は演技ではあまり実力が出せなかったのですが、試合では力いっぱい健闘しました。思わず、大声で応援してしまいました。

入賞できなかったのはすごく悔しかったです。

謙虚に反省して、来年はリベンジを果たしてもらいたいです。でも、しっかりした気持ちを持続するのは難しいことだね。

頑張る4人を見て、私も元気に稽古していこうと思った一日でした。

 

 

都民体育大会、健闘しました。

東京の各区市から代表代表が出て、団体試合をしました。今年は25区がエントリーしました。

足立区は気鋭の3選手です。一回戦はそれぞれ一本を先取して完勝、何とも言えないくらいうれしかったです。先鋒はデビュー戦でしたから、特に感激しました。二回戦の調布(優勝チームです)には勝てませんでしたが、来年は勝てる予感が…

選手の皆さん、本当にありがとうございました。

双葉小で

審査会が近いので、稽古に気合が入ります。それぞれ、審査の内容が違うので、グループごとに分かれて、稽古しました。

力まず、体幹を意識して打突をしたい。わかっていても難しい。

なぎなたを始めて、まだあまり長くない人たちが、びっくりするほど、成長して、素晴らしい。私も素直に成長したい、と改めて思いました。

足立区のジュニアなぎなた大会となぎなた大会、もうすぐです。

足立区のなぎなた大会が11月2日に迫り、綿密な準備のための会議がありました。

演技競技はジュニアが仕掛け応じの1,2,3本目、一般が仕掛け応じの1,4,5本目にきまりました。

参加メンバーが確定してから、組み合わせが発表されます!  楽しみですね。大会まで技を磨き合い、稽古しましょう。